サイトトップ > ObjectWorks+の製品概要 > 開発フレームワーク

開発フレームワーク

開発標準によりアプリケーション品質と開発生産性や 運用効率を飛躍的に向上させます。

画面遷移処理やデータ保持処理、ビジネスロジック呼出し処理など、アプリケーションの中核となる制御部分をあらかじめ用意。コーディングすることなく開発できます。アプリケーションの実行環境で必要となる「流量制御機能」や「運用管理機能」など共通に必要になる汎用機能もあらかじめ用意されており、設定画面上で選択するだけで利用可能になります。また、POJOベースの設計・開発への対応により、アプリケーションのコーディングやテストにおける生産性やPL層とBL層の連携を高めることで、優れたEoD(開発容易性)を実現しています。

製品一覧
製品名 概要 対応プラットフォーム
ObjectWorks+ /STUDIO フレームワーク共通基盤開発機能 JavaEE対応 .NET対応
ObjectWorks+ /EF1 帳票開発機能 JavaEE対応 .NET対応
ObjectWorks+ /BLoC STUDIO 大規模・分散システム開発機能 JavaEE対応
ObjectWorks+ /STUDIO<フレームワーク共通基盤開発機能>

システム運用に必要な様々な制御をGUIベースのコーディングレスでの開発を実現する開発支援ツールです。開発方法に「強制的な」基準が設定されるため、属人性が排除され、多様な協力会社や人材が関わるプロジェクトにおいて均質化を図ることができます。ObjectWorks+のモジュールや方法論(アプリ開発基準書)は、既に多くのプロジェクトにて適用済み。品質が高いプロダクトとして評価されています。

ObjectWorks+ /STUDIOの主な特長
完全なMVC並行分離開発の実現
  MVC準拠によりシステム共通の基盤機能が提供されるため、定義ベースによる開発手順を一本化できます。
コーディングレスな定義ベースの開発環境を実現※
  Javaのコードを書くことなく画面作成、帳票作成、SQL文作成と画面とのマッピングができます。データ定義は、画面間でやりとりする項目名、チェック仕様、電文使用などのデータ項目の定義をMicrosoft® Excelベースの表に記入するだけで簡単に行うことが可能です。
  Microsoft® Excelによるデータ定義
※この機能をお使い頂く際には、別途Microsoft® Excelをご購入頂く必要があります。
  画面とデータ定義のマッピング
RDB接続機能(ObjectWorks+/BC/RDB)によりSQL文をGUIで作成し、そのSQL文とデータ定義をマッピングすることも可能です。
  GUIによる画面遷移定義
どのページのどんなアクションに対して、どのような業務処理を行って遷移するのかが、分かりやすい表示画面で定義できます。データは自動的にXMLファイルで生成され、後はファイルを実行環境に配置するだけです。
※この機能をお使い頂く際には、別途Microsoft® Visioをご購入頂く必要があります。
※Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。
掲載した製品名、会社名は、それぞれの会社の商標、あるいは登録商標です。
設計ドキュメントと一体化した定義ファイル
  作成された設計書や仕様書から本番実行ファイルを自動生成するため、設計ドキュメントと実行ファイル内容との差異が生じません。仕様変更時も定義ファイルの修正のみで対応可能です。また、Webサービスによって提供される機能を定義するWSDLも自動生成します。
  Webシステム開発に高度なスキルが不要
サーバアプリケーション開発は従来どおりの言語(COBOL等)で、あるいは既存のサーバアプリケーション(OLTP等)をそのまま流用したいというニーズにもObjectWorks+は応えます。Webシステム特有の問題を基盤レベルで回避してくれるため、開発者に高度なスキルレベルを問わず、要員確保が容易となり工数削減が可能になります。アプリケーションの均質化が図れ、本番稼動後の機能追加や不具合修正が容易となり維持管理コストが低減します。エンドユーザーのリロード処理などで同じ更新処理が二重に動作することを避ける機能や、セッションを排他制御する機能などを提供します。
ObjectWorks+ /EF1<帳票定義体開発支援機能>

ドラッグアンド・ドロップによる簡単なマウス操作で、複雑な帳票フォームの設計も可能にしたGUIツールです。必要な罫線・文字列、バーコードなどや文字の書式設定なども柔軟に対応できます。

ObjectWorks+ /EF1が提供する主な機能
ヘッダ・フッタ設定機能
自動改ページ・改ブロック機能
集計機能
自動ページ採番機能
日付挿入機能 など
BLoC STUDIO<大規模・分散システム開発機能>

システム運用に必要な様々な制御を、コーディングレスで開発するGUIベースの開発支援ツールです。業務アプリケーション開発にコンポーネント指向の開発環境を提供。EJBコンポーネント開発・実行支援機能により、役割とインタフェースの決まったソフトウェア部品を組み合わせるだけで、システムを構築できます。アプリケーションの修正もコンポーネントの組み合わせやパラメータの変更だけ。テスト済みコンポーネントを再利用できるので、生産性の向上と品質の確保を同時に実現できます。

BLoC STUDIOの主な特長
ミッションクリティカルなシステムへの対応
  Javaを利用したビジネスアプリーケーション開発もEJBに対応した業務ロジック向けの開発フレームワークにより均質化や可視化を実現します。トランザクション制御やジャーナル機能など、Javaベースの大規模基幹システムで必要となるミッションクリティカル制御基盤機能も提供します。
豊富な部品群を活用
  ObjectWorks+ /BLoCで提供されるチェック処理、フォーマット処理など、機能ごとに分類された約50種類の汎用部品を組み合わせることで業務部品を効率的に開発できます。
オープンソースIDE Eclipseとの連携
  部品開発のための機能をオープンソースの統合ソフトウェア開発環境のひとつであるEclipseのプラグインとして提供。これにより、コーディングレスで行うObjectWorks+での各種定義情報を全てEclipse上で作成することができます。ObjectWorks+とEclipseを併用することでWebアプリケーション開発の生産性の向上に加え、品質の安定や保守性の向上を実現することができます。
  オープンソース関連ドキュメントを無料公開
NRI では、ObjectWorks+とEclipseを連携させるための利用ガイドなど、オープンソース関連のドキュメントの無償公開も行っています。 このような取り組みも今後さらに活発化していく計画です。
ページのトップへ