実行基盤

経営のニーズに即応し、高い信頼性を兼ね備えた実行基盤

IT投資効果を最大化するためには、多様な変化への対応力と高い信頼性を兼ね備える、全体最適化された実行基盤の整備が必要です。
ObjectWorks+は、企業情報システムの実行基盤として多様なフロントインタフェースを実現する「ユーザーエクスペリエンス基盤」、システム連携・制御を提供する「SOA(Service Oriented Architecture)基盤」、認証・セキュリティの統合や管理を可能にする「セキュリティ基盤」を提供します。IT基盤は企業システムの「土台」であり、企業システム全体の将来像を見据えた「全体最適」の観点から整備されることが極めて肝要です。この全体最適基盤によってはじめて、業務プロセスやデータの統合、業務の変化に柔軟に対応可能な、ビジネス競争力のある強い企業システム構築が実現します。

業界標準の先進テクノロジー(JavaEE)を採用。全体最適なベストプラクティスを提供します。

ObjectWorks+は、新たにJavaEE時代のベストプラクティスを取り入れました。標準化された機能レイヤにOSSを採用。JavaEE標準基盤とJBoss Seam上で、企業システム構築に必要な様々な汎用機能や標準化のための仕組み、定義ベースの開発支援ツール、各種ガイドラインなどを活用いただけます。オープンでベンダーフリーな環境において、各種コンポーネントを組合せることにより、全体最適な基盤を実現する強靱な実行環境を提供いたします。

ページのトップへ